夜間飛行

さて、やっと落ち着いたのでハワイ旅行の事を書いてみようかと思います。とは言っても大して期待もしてなかったので、やる気もなく行ったんだけどね。

ハワイに行く飛行機は成田から6時間半ほどかかる。日本時間の夕方に飛ぶのだが、はっきり言って眠れたもんじゃない。現地時間では、到着時朝の6時ごろだったりするので、着いてからも眠るわけにも行かずとても苦しい。まして、今回は会社の旅行なので非常に日程がタイトであるため、のんびり眠る時間すら惜しい。とはいえその日は結局夜ビール飲んでダウン。

結局ダラダラと二日間を過ごしたような感じだ。どこでも二ドルのバスに乗ってダラダラ楽しんだ。水族館のようなところに行ってイルカのジャンプを見たり、カメハメハ大王の像のとこに早朝から行って写真を撮ったり、ショッピングモールの中にタワレコを発見してハワイアンのCDを買ったり、地元のアメフトチームのTシャツを買ったり、ハードロックカフェに行って、オリジナルカクテルを飲んでグラスを貰ったり。携帯電話の鳴らない生活というのはそれだけで幸せを感じるものなのだなぁ。体重が二キロ増えたのに、ベルトの穴がひとつ小さくなったのはなぜなのだろう。きっとそれは楽しかったからだと思うのだが。

夜、ベランダでビールを飲みながら夜空を眺めてた。ひっきりなしに飛行機がやってきてまた飛んでいって。なんてせわしない島なのだろうと思いながら、でもみんなそれでもこの島に休暇を求めてやってくる気持ちも最後の夜にはわかった気がした。ジャイアント馬場さんがこの島を心底愛していたのもわかる気がした。テレビではスティービーワンダーが伸びやかに歌ってた。それがまた夜の1時にしっかりとマッチしてた。きっとご縁があればまた来るでしょう。もし今度来たら、今度は海で泳いでみることにしよう。今回は一応体を気遣って泳がなかったので。そしてできたら500ドル以上するウクレレも買いたいね。