All I can do and pour my coffee

今日もやなことがあった。毎日毎日やなことばかり。しかもおんなじ奴が原因ときているんだから始末に終えない。やり過ごしていくしかないのだ。できるだけかかわらないようにしながら。

前向きに意識を持っていくのは大変だ(笑)。

悲しいことしか起きないのでは、人生は楽しくないよねぇ。退屈なのにも困ってしまうのだけど。
今日いい話を聞いた。
「何か事を成し遂げるその瞬間までには大変な事がたくさん起こる。だから、大変なことが起きても、それは着実に前進している証拠なのだから悲観することは無いのだ」と。

そう思っていくら辛抱すれば、世の中の神様は許してくれるのだろう(苦笑)。

苦労をすれば報われるなんて そんな言葉はカラッポじゃないか
と、昔マーシーさんは歌ったが、よほどその言葉のほうがリアリティがある。

まぁ、よく聞くたとえ話ですけど、
目の前に神様が二人いて、一人は「世界の人はみな平等なのですよ」と言い、もう一人は「世界の人がみな平等なんてありえないですよ」と言った。あなたはどちらの神様の言うことを信じますか?

まぁ、そんな逆境こそがブルーズを刻むうえで大切な要素なのだろうと思うのだよ。俺もブルーズマンの素養はあるのかもしれない(笑)。将来的にそこら辺でのたれ死んでも文句は言えないよな(笑)。昔「逆境ナイン」という、面白くも最高にくだらない漫画を読んで何かを悟った彼は、幸せに暮らしているのだろうか?

HAWAIIAN6の「DISTANCE」という曲は名曲だ。そう今日思ったりした。明日は休み。でも仕事。嗚呼。

ニッシー披露宴出来そうで良かったね。