もっとラウドに ラウドラウドラウド

このままじゃ収まりがつかないぜ、俺の何もかもいろんなことが。

今日の「アタック25」は系列局女子アナ対決だったのだが、そこに我らが青森朝日放送女子アナ二人が出てたのでついつい食い入るように見てしまう。かなり笑けた。他の局はいかにも普通の女子アナがいつも通りって感じで出てきたのに、青森チームの二人はなぜかおそろいのリンゴTシャツに津軽弁丸出し(二人とも県外出身者のはずなのに)。無駄にハイテンションで、声はマイクの音が割れるくらいデカい。挙句昔外人のお土産に流行った「必勝」ハチマキ付きときたもんだ。ボタンを押す力まで全力らしく、青森チームがボタンを押す音だけなぜか鈍く響き渡る。典型的な青森県人らしい田舎者フィーリング丸出し(重ねて言うが二人とも県外出身者なのに!)で勝負をかける二人につい熱くなって見てしまう。どうもアカデミックな問題は苦手の二人のようだったが、要所要所で上手く正解を拾いラスト一問を残すところでトップに立ってしまった。おお!このまま優勝しちまうかも!とこっちもかなり盛り上がったのだが、最後の一問をテレビ朝日の女子アナに見事に正解され大逆転負け。負けた瞬間魂が抜けたようになっている二人。あー、やっぱりこの人たちは本気だったのか。一応女子アナなのに。あそこまでキャラ作りは出来ない気がするのでおそらく素なんだろう。クイズ番組に出てマジになってる素人さんとまるっきり同じだ。
いやぁ、素晴らしいよね。仕事を忘れて(少なくともそう見えた)本気で勝ちに行ってる姿に好感度大アップだった。地方局の女子アナなんて親しみをもたれてナンボだと思うので、この二人はそういう意味では青森県人にだいぶ認識されたことだろう。しかし、他局のRABやATVの女子アナに比べ明らかにイロモノ感漂うこの二人、青森県に来た女子アナはたいていキャリアアップのためにすぐ他県の放送局に移籍してしまうというのに、このままで大丈夫なのかと不安になるな。後発局のABAは少ない人数でよく頑張っているのでついつい肩入れしまう。いやぁ、これからもがんばれABA!そして鈴木アナと坂本アナの今後にも期待だな。ちなみに鈴木アナはネットラジオをやっていて、ワタシはこちらもよく聴くのだが、これが手作り感があふれてて(まぁ素人っぽいともいえるが)また楽しい。女子アナがやってます感がとても希薄で、そこら辺の女の子がやってるだけって感じ。内容はともかくその感じが結構気に入ってたりする。