睡眠こそが至高


週刊プロレスのデルフィン登場場面のシーンはいいね。胸が熱くなる。サスケデルフィン東郷ってのは僕の中では消せない記憶。90年代中番〜後半にかけてのみちプロは本当に熱かった。あの時代、彼らを各地に追っかけて見ることができたのは素晴らしい体験だったと今でも思う。今でもあの時代の人たちだけは特別な目で見てしまう。

暑い一日であった。いろいろはかどったのかはかどらないのか。いろいろ考えたくないことが多い、のでとりあえず寝ることにする。