長谷川穂積よ、君こそ王者だ

今年最後の世界戦、日本のエース、長谷川穂積が見事に締めくくってくれました。しかしまたKOか。あまりに強すぎる。何度でも言う。今、日本にこのようなチャンピオンがいるということを僕たちはもっと感謝しなくてはいけない。かつては具志堅のKOが絶対的だった時代があったのですが、今はそれを越えるチャンピオンがいるのですよ。僕たちが生きてる間、これほどまでのチャンピオンは二度と出ない可能性すらある。いったいどうすればこの凄さが国民に伝わるのか。

今日の防衛戦は相手がかなりやりづらいタイプだったということもあり、久しぶりに長谷川がパンチをもらう場面もあったね。体調もベストとは感じられなかった。キレが若干足りない感じがした。それでも最後は刀で切ったみたいなパンチで一撃KO。ボクシングを見慣れてない人には何のパンチが当たったか見えなかったかもしれない。素晴らしかった。

バンタムでの防衛戦はこれが最後という噂もある。2階級上げてフェザーに挑むとか。絶対的なチャンピオンが階級を上げたとたんに並のボクサーになってしまうという例はたくさんあるだけに、長谷川には細心の注意を払って増量して欲しいものだが、まぁ、彼なら大丈夫さ。