期待外れ

Mリーグの追加ドラフトがあったので結構興味深く見た。…んー結局は連盟の色が濃い指名であんまり驚きはなかったなー。もちろん内川プロや藤崎プロなど選ばれるべくして選ばれる人もいたんだけどさ。

一番気になったのは、4人目の指名が強制でないにせよ指名なしを選択したチームが多かったことだよなぁ。しかもそのチームは連盟の選手しか選んでないチームばっかり。今後追加招集があったとしても結局連盟からの補充だろうし。少なくともこの3チームからはMリーグを面白くしていこうという意思は感じられないな。連盟の顔の売れているプロ以外は増やしても経費の無駄ーみたいな。

そもそも各々の団体があるんだからそこのリーグ戦で固まってるだけで充分じゃん。なんでMリーグという可能性のあるリーグで頭が固いことをするのかね。企業のしがらみで連盟からしか指名しないなんてのはくだらないことだよね。業界全体のプラスにならないと思うけど。そういう意味でいろんな団体の選手を指名してるフェニックスやアベマズは応援したくなるね。

 

RTDリーグがなくなってしまった今、もう期待するのはMリーグしかないんだからさ、もう少し何とかしてほしいよな。連盟とそれに忖度する企業にはね。