比嘉のロードバックには期待している

昨日のボクシング、比嘉は見てられなかったなぁ。強烈なボディを打ち込んではいたものの、やはり動きに精彩がない。相手もなかなかいい選手ではあった。しかしながら、結局は減量失敗をしたことによってのメンタルズタズタが敗因。それがはっきりと見て取れ、実に痛々しかった。タオル投入は正解だろう。どんな処分があるにせよ比嘉にはまだ未来があるのだ。

一方村田は盤石すぎて面白くないほどだった。まぁそれって考えてみると異常なことでさ、ミドルの世界戦で日本人が外人を圧倒するってのがそもそも昔の常識ではありえないことだもんなぁ。村田にはモチベーションが上がっているうちにビッグマッチを組んでやらないと。何気に年齢との戦いになってくるぞ。ボクサーの衰えはある日いきなり来るからなぁ。

 

キン肉マンは新章に突入。王位争奪戦の連中とオメガ軍との戦いに。しかしウルフマンはよく勝った。

キン肉マンマリポーサが初陣か。今週の動きはミスティコあたりを彷彿とさせる。プロレスも時代とともに進化しているのだな。今章で一番ワタシが気にしているのはキン肉マンビッグボディである。昔の話では王位争奪にふさわしくないほどのやられっぷりを披露し、情けなさばかりが記憶に残る彼。今回も雰囲気だけは大物っぽく登場したが、昔のヘタレっぷりは健在なのか?相手のギヤマスターはベンキマンがあと一歩まで追い込んだ相手、ベンキマン以下の闘いっぷりは本来許されないはずだけど……。楽しみ。