立派な大人にはなれそうにもないけど

コレクターズの武道館DVD、なんか知らんがやたらに泣けた。結局こちらの勝手な思い込みによるものなのだが、30年という長い長い歴史を経てたどり着いた武道館。加藤君やコータロー君はもちろん辞めていったメンバーもどういう気持ちなのか考えてしまってさ。そしてやるのはすべてがすべてイカしたナンバー。結局は最高だぜ、という一言になってしまうんだけど。

立派な大人にはなれそうにもないけど とびきり愉快な大人になれたぜ、って「ロックンロールバンド人生」の一節だけど、彼らは30年かけてそれを成し遂げている。

そしてさ、バンドがとても苦しかった頃に書かれた曲である「未来のカタチ」は滅茶苦茶に泣けた。この曲を書いた頃には、数年後に武道館にこれだけの客を集めるなんて誰も思っていなかったろうに。とてもいい曲だよ。


未来のカタチ / THE COLLECTORS

 

ワタシはと言えば、昨日は沖縄料理の店で一杯。豚肉料理に舌鼓。トロトロの豚足もうまい。体が弱ってきているので、軽いオリオンビールは飲みやすい。愉快な大人になろう。