読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小久保監督死にそうな顔だった

昨日のWBC日本対オランダ戦はすごかったね。見てるだけのこっちでさえ心臓がバクバクだったのに、グランドの選手たちや小久保監督はどんな気持ちだったのだろう。中田のホームランとかで4点勝ち越したとこでは勝ったと思ったんだけど、まさかその裏で簡単に追いつかれてしまうとはなぁ。考えてみればむこうもいい選手がズラリ。ちょっとやそっとじゃ抑えられないよなぁ。例えば則本だ。球を見る限りでは今日はバッチリだと思ったのだが、150キロ越えのストレートを簡単に長打にされてしまう。フルスイングなのにスイングスピードが異常に速いからか。充分化け物集団だと思ったけど、ドミニカとかはもっとすごいのか。ぜひ試合を見たい。今までドミニカ戦は実現してないもんな。だいぶ中南米のチームは本気度が感じられる。本気出してないって言い訳してるのはもはや開催国のアメリカだけだろう。

まぁよく勝った!明日のキューバ戦も頼むぜ。

 

昨日はボウリング。先週の大失態を踏まえて、反省点を確認して投げる。投げ急がない。きちんと滑る。その二点を常に考える。それにしても困ったのは重度の10ピンスランプになったことだ。最近はほとんど取れない。参ったね。来週は投げないのでちょっと頭を冷やそう。