期待外れの、言葉を言う、時に

届いた。人生の一曲。

f:id:nisekon:20160413221045j:plain

大昔に買ったCDシングルと一緒に。やはりレコードはCDと全然違う。この一曲がなければワタシは今と全く違った人生を送っていたと断言できる。それがいいことなのか悪いことなのかはわからないが。とにもかくにもこの曲からすべてが変わった。香川照之さんが昔熱病的思考法でこんなことを書いていたと思う。

「中学生の男の子にはアイデンティティとなる絶対的なものが必要だ」

香川さんにとってはそれが具志堅用高のKOだったそうだが、ワタシの柱になってくれたのが彼らだ。今でもたまに聴く。40を超えた今でも!ジャグラーから出たこのレコードを手にした今、あの頃のいろんなことを思い出す。ありがとう。


Hito ni Yasashiku (人にやさしく) - THE BLUE HEARTS [English Subs]