読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

能無しが大手を振って歩く世の中だ

デヴィッドボウイが死んでしまった。僕の好みの音楽を奏でる人ではなかったが、ミックとやった「Dancing in the street」は大好きで、プロモも何回も見た。のど自慢の予選に出たときに、あのプロモの踊りを採用して盛り込んだんだけど、たぶん会場の誰一人として気が付かなかっただろうな。ロックジャイアントがまた一人亡くなった。時の流れを感じます。寂しいね。

 


David Bowie Mick Jagger Dancing In The Street

 

週末からとんでもなく冷える。昨日も休みだってのに雪掃除に行った。二日続けてたった一人で。怒りが沸点だ。

 

革財布を衝動買い。最近無駄遣いが過ぎるなー。反省せねば。それにしてもこの週末はベッキーのニュースばっかりだ。なんとなくゲスの極み乙女の音を聴いてみるが、やはりワタシの好きな感じではない。最近流行ってる音楽ってのは、センスだなんだスカしてるけど、結局ボーカルにパワーがない。ソウルもブルースもない。そもそもそういう要素を今の世の中が求めてないのもわかる。今の子たちの為の音楽なんだな。まぁ好みじゃないなー。