読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

V2達成

ホークス優勝!今年は強かった!

今年は柳田に尽きる一年だったけど、実は工藤采配もハマりまくった一年だった。王監督も秋山監督もスタメンを固定しがちな人だったが、工藤監督は違った。本当の主力だけは固定し、若手やサブ的な選手を日替わりでどんどん起用し続けた。そこは賭けだったろうが、選手たちはよく応えた。燻っている明石や福田、高谷も活躍の場を与えられて結果を出した。さらには細山田、川島までも工藤監督は使いこなして見せた。これはすごいことだと思うのだ。
投手に関してはやはり調子のよい選手を見極めるのにずいぶん長けていた。攝津がものすごく調子を落としている時にさっと二軍に落として調整させ復活させたのは見事だった。バリオスや森福が調子を落とすと変わりの投手をそこにうまくはめ込んでしまう。今年は実に非の付け様のない采配だったが、来年もその手腕を発揮できるか、実に見ものである。

工藤監督が優勝監督インタビューで、99年の初優勝のことに触れたとき、あの時のことがザーッと思い出された。思えば弱小ホークスを優勝に導いてくれたのが工藤であり秋山だったのだ。今強豪チームでございと胸を張っていられるのも、彼らのおかげであるのだ。あの不動のエースが監督となって戻ってきてまたチームを優勝に導くなんて最高のドラマじゃないですか!