必要なのはラブソング

コレクターズの新譜は結構結構。ついでにオーティスのパーカーもやっと正しいのが届いてなお結構。

「僕らに必要なのはラブソング」と言う歌詞が心に引っかかった。僕もやっぱりラブソングが好きだな。もちろん簡単で軽い言葉が好まれるこの平成の世、お粗末なラブソングはたくさんある。そんなのはいらない。オーティスの「try a little tenderness」や「I've been loving you too long」みたいな歌と自分がイコールになるようなラブソングが好きだね。清志郎もずっと言ってた。サイコーのラブソングを歌いたいって。

そういやコレクターズの新譜、特典DVDにこないだの北上でのチョーキーを交えた「Too Much Romantic」入ってた。20数年ぶりに昔のバンドメンバーに会うってどんな気持ちなんだろうね。すげぇハッピーで嬉しくて、でも切なくて、って感じが画面から伝わってきたよ。