僕が泣く

Yahoo知恵袋に試験問題を投稿して不正をした受験生、確実に人生狂ったよなぁ。インターネットを使うなんて現代ならではの方法だが、今のガキどもは総じてワキが甘い。簡単にバレるだろう事が分からなかったんだろうなぁ。俺って冴えてる、なんて思っちゃって大して考えずにやっちまったんだろうなぁ。まぁ同情は出来ないが、今受験生だったら俺だってやりかねないことではあるな。……いや、そこまで簡単には実行できないか、俺は。
まぁそんな奴はいつだっているもんで、大学の時だってホソケンがカンニング見つかって停学食らったりしてるもんな。そんな奴だっていまや公務員様だったはず。まぁしたたかに生きていって欲しいもんだね。

この日記には書いてなかったが、あちこちで言いまくってる私の逸話としてこんなのがある。岩手大学の受験時、英語のヒアリングの試験があってさ。俺、ひどく英語が苦手だったもんで「WOMAN」と「NEWSPAPER」しか聞き取れんかったんだよ。聞き取って書きとる設問なんか真っ白。ほとんど答案の1/3真っ白。でも俺そこで諦めなかったんだ。ヒアリングの選択問題の時、選択肢が1番から5番まで読み上げられたのよ。そこで必死に耳を澄ましてさ、人が一番ガサガサ動いた2番と5番を選択したのさ。とにかくあがいてひとつでも埋めようとしたのな。そのかいあったかどうかは知らんがワタシは合格した。一年後に出た赤本で確認したらしっかり正解は2番と5番だった。あの一問がなかったらワタシは大学生になってなかったかもしれん。あの土壇場であの方法を思いつくなんて俺もなかなかやるよな。で、これもカンニングになるんでしょうか?私は合法的カンニングと呼んでるけど。