林檎と蜜柑と梨と

Was she told when she was young that pain would lead to pleasure
Did she understand it when they said

beatlesの<a href="http://www.youtube.com/watch?v=HC4Tb727aGA&feature=related">Girl</a>の一節。この曲はかなり好きだな。かつては、わかってくれそうな人がいる時にはカラオケで歌ったりもしたかな。歌ってみればわかるけど、ジョンレノンのリズム感ってすごい。典型的な日本人であるワタシにはなかなか難しい。

カサレス-久高の世界戦を見る。関西圏の世界戦を見るにはもはやスカイAが欠かせない状況だな。世界戦が地上波で放送されないのが当たり前になってきているのは寂しい限りだが。考えられる限りの一番予想通りの形で久高が明確な判定負け。この選手、センスもスピードも素晴らしいと思うんだけど、なぜか世界戦では勝ちきれない。タイでポノムルンレックをKOしたりとか勝負強さも兼ね揃えているはずなんだが。6ラウンドくらいまではまったくの互角に戦えていたのに、失速していくチャンピオンをとらえられず、逆に上手くごまかされ続けてしまう。名城は前に出続けてあしらわれてしまったが、久高は逆にカウンター狙いがすぎることで、前に出ながら上手く休むカサレスに逆にアグレッシブを印象付けられてしまっていた。もう一段スタイルを攻撃的にしなければこれ以上は難しいか。西岡のようなボクシングが目指すところのような気もするが。しかし世界戦を3度戦いながらまだ25歳というのは珍しい。まだ伸びしろはあるということだろう。まだ期待したい選手ではある。

酷い暴風雨であった。寒いし。