トランペットが雄々しく鳴り響いた

つまらんつまらんと思いつつしつこく見てる「ウェルかめ」なのだが、こないだイチローが松井に対して「ウェルかめ」って言っちゃってドラマを見てることをほのめかしていた。天下のイチローも見てんのか。まぁ一流は一流を知るって言うかね、イチローが見てるわけよ。なら俺が見てても何の不思議もないわな。……まぁ今んとこ正直つまらないのだが。

デシデシさんに送ってもらって、先日の宇宙大戦争を見ることができた。画面にモザイクかかりまくり。やはりあの「鉄腕君」は放送できなかったか。正直面白かった。ああいうハチャメチャなことやらせたら、今や日本で一番だな、サスケは。佐藤兄弟も年々プロレス頭が磨かれてるよ。何年か前にサスケ、野橋組と金網でやったときも面白かったがパワーアップしてる、間違いなく。やっぱりロビンがさらわれてる、ってとこがミソだったりするので、当分毎年年末にはさらわれて欲しいな。

もうテレビでおせち料理とかが取り上げられるシーズンになってきた。我が家では昔からおせちはあまり重要視されていない。大学一年の一月、藤田君が栗きんとんとかおせちを作った。それを彼の部屋に行って食べたのを覚えてる。結構美味しかった。おそらくそれが人生の初栗きんとんだった。今となっては、友達が作った料理をそいつん家で食べるなんて実に一昔前の学生っぽい話でいい話に思える。当時はただ無邪気に楽しかった。
その二年後、再び食べに来ないかと誘われた。二年間で状況が激変しており、彼は大没落して完全に孤立していた。そういう状況を招いたのは自業自得な部分があったので仕方ないのだが、なんとなくみんなが彼と積極的に関わることを避けるようになっていた。その時比較的ニュートラルな立場であった僕はその誘いに応じることにしたのだが、年末のアルバイト中にひどい風邪を引いてしまい、元旦は動くことすらできない状況に陥ってしまった。やむなく枕元から電話でいけない旨を伝えたのだが、そのときの彼の返事はひどく沈んでいた。正直、申し訳ない気分になった。わざとではなかったのだが。今でもあの時のことを思い出すと少し胸が痛む。