玉になって遊べ

さて、ボクシングの感想を書きますか。どっちも王者が貫禄を見せての判定勝ちとなったわけですが、ダウンシーンはなしということで、またもお茶の間へのアピールという点では物足りなさが残りましたが、なかなか細かい技術の応酬があり楽しめました。
シドレンコはガードがものすごく固くて、池原じゃやっぱりそれを突破できなかったね。しかもあんなにガードを固めてるのにコンパクトでノーモーションのパンチを的確に当ててくるんだよね。池原が必死に体で押しまくってるのに、それをものともせずにパンチを当て続けるんだもん。池原も倒れずによく頑張ったけど、気合だけのボクシングじゃあれが限界なのかな。
長谷川はマルドロットとの技術戦をスピードで上回っての勝ちだったね。キビキビしてて気持ちのよいボクシング。チャレンジャーをスピードと技術で上回っていく日本人チャンピオンってのは川島郭志以来じゃないかと思ってるんだけど。僕は川島も大好きだったのです。こういう安定した技術の選手ってのは安心して見られるから好きね。興味のある人はyou tubeなどで川島対セシリオ・エスピノ戦の動画を探して見てみてね。日本人が好む根性ボクシングと対極にあるものすごいディフェンスが見られますよ。ディフェンスで金が取れる日本人は今でも川島ただ一人しかいなかったと思うんだ。エスピノが前進してパンチを振るっていっても、打ったときにはもう川島はエスピノの後ろに回ってたりとかするからね。

まぁつい川島の話を書いてしまったけど、長谷川も川島に匹敵するくらいのいいチャンピオンだよ。シドレンコとやっても昨日の出来なら勝てるんじゃないかなぁと思うんだけど。スピード勝ちできそうな気がするんだよなぁ。これから着々と防衛を重ねていくのか、それとも二階級制覇や統一戦などのビッグマッチを狙っていくのか。長谷川には揚々たる未来が開けているんだよなぁ。