ミゾレユキのセレナーデ

共依存」なんてくそくらえだ。それって病気なんか?ほんとに?俺理解できないぜ。なんでも病気にする今の時代はおかしいぜ。自分が病気だ、って人に言ってもらえば安心するんだろ?めでたい奴等だぜ。いやだいやだ。
僕はそういうふうにグダグダに唾吐いて肩肘張って生きているのです。

なんかはっきりしない一日。ひどく寒い朝にカチカチになって起きる。風もない空からゆったりと綿のように雪が舞い落ちてくるのを眺めるのが好きだ。ふわり、という音が聞こえてくるようだ。夕方にはみぞれ混じりの吹雪が吹いた。ドラッグストアで整髪料とハッスルカレーを買っって出て来た僕はあっという間に雪まみれ。寒い街だ。感傷的な気分にもなれやしない。

ヤフーでちょっと調べると、十代の犯罪ニュースがボロボロ出てくる。でもさぁ、今が特別な時代とは思わない。僕が中学に通っていたときも、確か校内暴力沙汰とかあった気がする。子供たちよ、せいぜい暴れろよ。でも、君たちが大人になったときにちゃんとそん時の子供たちのケツを拭いてやってくれよ。たのむから。