That is I think it's not too bad

今日もなんてことなく一日が終わりそう。さっきからビートルズの「STRAWBERRY FIERDS FOREVER」を聴いてる。
何度聴いても飽きない曲ってあるもんでね。たぶん、僕は普通の人よりレコードを聴いてる時間が長いほうだと思うんだけど、そんなだらだらと続く時間の中でも何回も何回も聴いてしまう曲ってあるんだよねぇ。この曲もそんな曲のひとつでね。何回聴いても鳥肌たっちゃったりするんだよね。馬鹿みてーだな、とも思うんだけど。ストーンズの「SYMPATHY FOR THE DEVIL」とかビーチボーイズの「BE TRUE TO YOUR SCHOOL」とか。フーなら「LITTLE BILLY」なんてとこかな。よくこの日記にも書くオーティスレディングなら「I'VE BEEN LOVING YOU TOO LONG」と「TRY A LITTLE TENDERNESS」なんかもうお腹一杯になるまで繰り返しちゃったりして。「I'VE BEEN LOVING YOU TOO LONG」なんか、この世のラブソングの中でももう一番に好きだったりするんだけど。
だからなんだ、といわれても…まぁそんな感じで。好きなものの事を書いてるときはやっぱ楽しいのです。

部屋の本を少し片付けた。とはいえ、ダンボールに詰めて押入れにしまっただけ。ホント、いつの間にこんなに増えたんだろ。いらない本とか即効で処分してるつもりなんだけどねぇ。そんなことしてたら奨学金の支払い明細書が出てきた。そろそろ終わるか、なんて考えてたらあと5年もあるじゃねーの。唖然呆然。学生の時は何にもしないで毎月38000円ももらえるなんてラッキー、とかって思ってたけど苦しいねぇ。
しかし部屋ごと燃やしてしまいたいほど収拾がつかなくなってる。しかも今は二部屋使ってるのでよりいっそう大変だ。あー思い切って全部うっぱらってしまおうかなぁ。誰だか忘れたけど有名人の人が、部屋が片付かないので持ち物は全部すぐ売っちゃうんだ、みたいな話をしてたのを覚えてる。で、見たくなったら店に買いに行くんだと。店がオレの収納みたいなもんだ、とかって言ってた。私もその境地までついに達してしまったんだろうか。将来が実に不安だ。