鷹敗戦の夜

パ・リーグプレーオフは死ぬほどの盛り上がりの末、西武ライオンズに栄冠が輝いてしまった。しかしながら、ホークスの選手たちはよくやった。特に一点ビハインドの9回に、西武の守護神豊田から奇跡とも言える二塁打を打って同点に結びつけた鳥越には感動した。あれだけ打てない打てないと言われたあの鳥越があんなにいいところであんなにいいバッティングをするなんてね。そして、リードされながらもキレずに9回投げぬいた新垣にも感動した。プレーオフはぜんぜん打てなくて、敗因にもなった松中と、最後に痛恨の一点を取られた三瀬も責めることは出来ない。彼ら2人にはシーズン中何度も助けられたし。
プレーオフがこれだけの盛り上がりを見せたことは、パ・リーグにとってきっと追い風になることでしょう。激烈な三位争いを演じたマリーンズ。何度も奇跡を起こしつづけたファイターズ。そして、そこで終わらせることなくさらにヒートアップした戦いを見せたホークスとライオンズ。みんなが素晴らしかったと思うよ。これだけ面白いシーズンもなかったんじゃないかなぁ。

願わくば、ドラゴンズとライオンズにはこの流れを断ち切らないいい試合を見せてほしい。でなければ日本プロ野球界全体が活気づかないので。松坂VS俺流、楽しみに見たいと思います。