世界の中心で、中心だと叫ぶ…

今日の「最強伝説黒沢」はもう最高の出来だった。黒沢の顔、もうグチャグチャなんだもん。で、ありそうでなかった「世界の中心で、中心だと叫ぶ」のくだり。本来「愛」という単語が入るべきところに、いろんな文字を当てはめてパロディにするのはたくさん見たが、この単語をいれるのは思いつかなかった。まさにコロンブスの卵。しかし最後のコマの、
「まぁ…、それは、おいおい…」
という台詞に物悲しさが凝縮されすぎだよ。ちょっとあんな気持ちがわかるのが、また悲しくなるというか。まぁ、なんというか、報われてこなかった感じがしすぎるんだよなぁ。その上で意地張ってるというか。まぁ、嫌いな感覚ではないけどさぁ…。

それにしても、なんか非常にムカつくんだよなぁ。なんであんな態度とれんだろうなぁ。まぁ、あんなところで人間関係がどうなろうと知ったこっちゃないんだけどさ、気分悪いより気分いい方がいいにきまってんだろうに。なんつうのかなぁ、腹にイチモツ溜めてんじゃねぇよ、って感じなんよ。いや、違うな。溜めてもいいけど、それをチラチラ匂わすようなチンケな態度とるな、っていってんだよ俺ぁ!腹の中でどう思おうと勝手だけど、はっきり言うなら言えよ。言う気がないなら態度に出すなよ、ったく。

まぁ、明日も頑張ります…。