Keep your heads

しかし、春だねぇ。風が本当に強く吹いて車が揺さぶられるのさ。そんな中、今日は白バイに追い掛け回された。と言ってもたいしたことではない。40キロ制限のとこをちょっと気抜けした状態で60キロで走ってたら、白バイに見つかって後ろにピタッとつけられたのだよ。そこで気がついて私は減速。で、そのまま白バイが離れるのを待ちながらタラタラ走ってたんだけど、この白バイ、かなりしつこくてそれから30分もつけまわされたのだよ。ちょうど南郷村まで走っていく途中だったんだけど、途中で止まるのもなんか嫌な感じがしたのでそのまま走りつづけてたんだけど、もう少しで岩手県まで入っちゃうんじゃねぇか、ってとこまでついて来やがりました。もしかしたらノルマがキツいのだろうか、警察の人。ご愁傷様でした。

こう麗らかな天気だと、余計なことを少しずつ思い出しちゃったりしてなんか落ち着かない。決まっていいことは思い出さない。恥ずかしい事をしてしまった時のことばかり思い出す。ああ、人生は恥を重ねて生きるものだと頭では分かっているのだけれど、みんなその辺どう折り合いつけて生きているのかしら。大下聡さんという先輩がいたのだが、「聡」の字から「公」を取ると「恥」になる、と酔っぱらった勢いで本人に言おうとしたら別の先輩の本宮さんに窘められたのを覚えています。

もう一回言いたい。春なのです。