思い出の後先

実に衝動的に仙台に行ってしまった。足立に誘われたのだ。ヒマだしなーってんで軽いノリで行ってきました。グレート小鹿経営の「プロレスちゃんこ小鹿」に行くのが目的だったのです。そんなのが楽しいのかって?そんな無粋なこと聞いちゃ駄目ってもんだぜお嬢さん。そして朝の新幹線に飛び乗ったのさ。そして盛岡で途中下車してから、まずは待ち合わせ場所である一関に向かう。

驚いたのは、盛岡駅の私がバイトしてた売店がなくなっていたことだ。場所がなくなると、そこにおいてある思い出もなくなってしまうものだのだよ。実に寂しい気持ちになった。なんと言うか、ここで生きていた、という事実が消えてしまうような。また一つ盛岡から気持ちが離れてしまったような感じがするのです。かろうじて、私が勤めてたときにお世話になったおばさんがいた。もうみんな辞めてしまって、もう2人しか残っていないとの事。いまだに商品の値段を覚えているのは我ながら驚きだ。塩うにビン詰め1050円也。俺の勤めてたときは消費税が3%だったので1030円だった。

一関で足立と合流し、車で仙台に向かう。程なく小鹿ちゃんこは見つかるが、ランチタイムのためちゃんこはやってないとの事。少しがっかりだが、以前ちゃんこでかなり酷い目にあったこともあるので、どこかほっとしてヘルシーちゃんこ丼とかいうのを頼む。

…ものすごい量。下田の悪夢の再現かと思った。まぁなんとか完食し、記念撮影などする。私らのほかには客は一人しかいなかった。もちろん小鹿社長もいなかった。大日本プロレスは北海道巡業中だものな。

そのあと足立に付き合ってもらって仙台で中古CDなど探す。結構掘り出し物があった。ディランのファーストとかキンクスのライブ盤、クリームのライブ盤やストーンズ海賊盤など格安で手に入りました。中でも嬉しかったのがホークス99年初優勝時の記念ビデオ!あぁ、あの頃のペドラザが今いたらなぁ。

まぁ、僕の乗った新幹線はまた夜を切り裂き一路八戸に向かったわけだ。連休中で混んでいた。ポータブルCDプレイヤーだけが忙しくまわる中、僕はいつしか夢の中…。休み満喫中です。