混沌と混乱と狂熱

今日はジョンレノンの命日。「ジョンの魂」を聴きつつ一日を過ごす。

今日は休めた。嬉しい。一日何もないのがこんなに嬉しいなんて。もう今月は年末まで休めなそうだから、まぁ、今日ぐらいのんびりさせてぇな。

朝、母上を職場まで送っていくのだが、無駄に早起きになってしまう。外に出てしまったのでこれ幸い、とそのまま白鳥の写真を撮りに向かう。晴れてくれれば、と思っていたがとても寒く、雪と寒風容赦なく吹き付けている。

朝なので当然池には誰もいない。パンくずを購入し、写真を撮りつつ餌を一心不乱にやり続ける。とても寒くて邪念が入らないほどだ。正直、とてもさびしい気分になる。これではまるで好々爺ではないか?俺はまだ20代なんだぜ。白鳥はだんだんなついてきたのか、俺に向かってガァガァ鳴き続ける。「はやく喰わせろ」とせっついているかのようだ。ものすごいプレッシャーがかかる。たかが餌をやるだけのことなのに。そのうち、どこかのおじいさんと子供が俺の隣に来て、餌をやり始めた。彼等は、この雪まみれになって餌をやる俺を見てどう思ったであろうか???彼らが去った後、どっかのカップルがやってきてきゃぁきゃぁやり始めたので、ワタクシは帰り支度。いたたまれない。露骨に変な目で見られたしな。ホームページのネタ探しって大変なのよ。

帰ってきてから部屋の掃除。雑誌を山ほど捨てるが、それでも掃除終わらず。いつかヒマみて続きをやらなければ・・・。とにかく大変な状況だったのだよ、汚くて。

散乱しているCDを片付けるついでに枚数をざっと数えてみた。意外とない。500枚いかないくらいだもんね。ここ二年くらいは大して買ってなかったと思われる。まだまだたいしたことはないな。最近の青少年たちは、あんまりCDを買わないそうだ。ネットで拾ってきたりコピー(今はダビングとは言わないらしい!)したりで済ますんだってね。君たち、レコードはジャケット込みでアートなのだから、そんな方法では音楽の楽しみ方をひとつ損しているようなものなのだよ。お気に入りのCDくらいレコード屋で買ったほうがいいですよ。と爺のようなことを書いてみる。やはり好々爺か。

さてもう少しだらだらしてから寝ます。休みをもっとエンジョイしなくては。

ジョン、安らかに。GIVE PEACE A CHANCE!