夜空を踏んで 月を蹴る

ハイロウズの新譜、「angel beetle」買ってきました。聴きながら書いてます。3日連続でCD買ってんな、しかし。

いや、これは傑作かもしれない。ハイロウズでは、「バームクーヘン」と「リラクシン」が最強かと思ってたけど、これはそれらに匹敵するな、俺の中では。ずいぶんといろんなものから離れ、自由になった感じがします。アルバム全編が心地よい。特徴的なのは、速い曲が今回少ないかな、って気がするところかな。所謂ハイロウズに一番似合うスタイルを抑え目にしてもこんなに心地よいものが作れるのか・・・。その速い曲が少ないせいで、「曇天」にものすごい破壊力が(笑)。ヒロトらしい曲と、マーシーの今回かなりキてる感じがうまくかみ合ってるね。個人的には「マミー」や「映画」で涙が出そうになります。

いつもながら、いろんなルーツミュージックの影が見えるのも面白いですね。あと「TOO LATE TO DIE」に笛っぽい音をオーバーダブしたのには驚いたね。シングルには入ってなかった。結構ハマってるやね。

きっとライブツアーではまた熱狂の渦を作りまくることでしょう。普通、ミュージシャンと共に客層も年齢が上がっていくもんだと思うんだけど、彼らのライブはいつもキッズたちがいっぱい!つまり、常にその時代に受け入れられてる、ということだと思う。これはちょっと信じられないくらいのことだと思います。もうヒロトマーシーは20年近くそんなことを続けているのにね。それでさらに凄いのは、俺たちくらいのブルーハーツ世代の人たちもまだしつこくファンなんだよね、彼らの(笑)。こんなに世代を超えて支持されている人たちをちょっとほかに知らない。

本田選手はポンサクレックに判定負けでした。誰かこいつを倒してくれ!次は国際ジムトラッシュ中沼選手に期待だ。