ヒッピーに捧ぐ

お別れは突然やってきて すぐに済んでしまった
いつものような 何気ない朝は 
知らん顔して僕を起こした
電車は動き出した 豚どもを乗せて
僕を乗せて

次の駅で 僕は降りてしまった
30分泣いた
涙を拭いて 電車に乗り込んだ
遅刻してホールに着いた
僕等は歌いだした
君に聞こえるように 声を張り上げて

空を引き裂いて 君がやってきて
僕等を救ってくれると言った

検死官と市役所は
君が死んだなんていうのさ
明日 また 楽屋で会おう
新しいギターを見せてあげる

作詞、曲/忌野清志郎、肝沢幅一

RCサクセションでも、この曲ははかなり好きだったりする。今でも悲しいことなんかがあると、自然とこの曲を口ずさんでいたりする。この曲の中には何かとても大切なものがある気がする。それは初めて聴いたときからなんとなく思ってて。でもそれが何なのかはいまだにわかんなくって。

大体俺は書くことないと、こうやって歌詞で埋めたりしてしまうんだな(笑)。声は相変わらず潰れっぱなしだしよ。どうしろっつーんだよ、神様、仏様。