風をあつめて

街のはずれの
背伸びした路地を 散歩してたら
汚点だらけの 靄ごしに
起きぬけの路面電車
海をわたるのが 見えたんです

それで僕も 
風をあつめて 風をあつめて
蒼空を翔けたいんです
蒼空を

とても素敵な
昧爽どきを 通り抜けてたら
伽藍とした 防波堤越しに
緋色の帆を掲げた都市が
碇泊してるのが 見えたんです

それで僕も 
風をあつめて 風をあつめて
蒼空を翔けたいんです
蒼空を

人気のない
朝の珈琲屋で 暇をつぶしてたら
ひび割れた 硝子ごしに
摩天楼の衣擦れが
舗道をひたすのを見たんです

それで僕も 
風をあつめて 風をあつめて
蒼空を翔けたいんです
蒼空を

はっぴいえんど 風をあつめて〜

なんかとっても憂鬱な詩ですね。しかもこれ細野晴臣の作曲の曲なんですごーく憂鬱になるかんじ。でもすごく心地いいんだよね・・・。